読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J humind association

人生をロールプレイングする/『生き直す』という新しい選択肢

全は一、一は全

人と繋がったり、優しくできない原因は、「自分は自分の体だけ」と思うから。

人は自分の体だけが自分と思うと、

それ以外の他人や他のものは関係ないものになってしまう。

 

「他人は関係ない」と思うと、

守るのは自分だけにになり、

他人のことを自分のこととして考えられなくなる。

 

そうすると、人のために何かすることは、

手間・面倒・意味がない・見返りがないと思うようになり、

損得で考えた時に、人のために何かすることは得にならないから、

しなくなるということが起きます。

 

結果、人は人と繋がったり、優しくできなくなってしまう。

 

この問題をどうしたらいいか。

 

全が一、一が全

最初は全て一から始まる。

元は同じ。

 

一が全をつくり、その全は一からできている。

 

元をたどれば、一つから、全人類73億8000万人は出来ている。

 

「体の自分だけが自分」ではなく、全部が自分。

 

そう考えれば、関係ないものはなくなり、

みんな繋がっていることがわかる。

 

他人事は自分事になり、

人が悩んでいる時に、まず「どうしようか考える」ようになる。

 

敵はいない。

みんな仲間。

 

自分の中に周りの人の心を入れることを始めると、

それが循環して人の心に自分も入れてもらえるようになっていく。

 

人と繋がることができ、人に優しくなれる。