読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J humind association

人生をロールプレイングする/『生き直す』という新しい選択肢

『個が立つ和の共同体社会』という
新しい自分の在り方の創建と
優しい人との繋がり方

Proposal to live as RPG

全は一、一は全

人と繋がったり、優しくできない原因は、「自分は自分の体だけ」と思うから。

人は自分の体だけが自分と思うと、

それ以外の他人や他のものは関係ないものになってしまう。

 

「他人は関係ない」と思うと、

守るのは自分だけにになり、

他人のことを自分のこととして考えられなくなる。

 

そうすると、人のために何かすることは、

手間・面倒・意味がない・見返りがないと思うようになり、

損得で考えた時に、人のために何かすることは得にならないから、

しなくなるということが起きます。

 

結果、人は人と繋がったり、優しくできなくなってしまう。

 

この問題をどうしたらいいか。

 

全が一、一が全

最初は全て一から始まる。

元は同じ。

 

一が全をつくり、その全は一からできている。

 

元をたどれば、一つから、全人類73億8000万人は出来ている。

 

「体の自分だけが自分」ではなく、全部が自分。

 

そう考えれば、関係ないものはなくなり、

みんな繋がっていることがわかる。

 

他人事は自分事になり、

人が悩んでいる時に、まず「どうしようか考える」ようになる。

 

敵はいない。

みんな仲間。

 

自分の中に周りの人の心を入れることを始めると、

それが循環して人の心に自分も入れてもらえるようになっていく。

 

人と繋がることができ、人に優しくなれる。