読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J humind association

人生をロールプレイングする/『生き直す』という新しい選択肢

『個が立つ和の共同体社会』という
新しい自分の在り方の創建と
優しい人との繋がり方

Proposal to live as RPG

みんな違っていることはあたりまえでそれは素晴らしい

受け入れ上手になって、取り入れる

「全が一、一が全」

元はひとつから全て・全人類は出来ているけど、

体は分離している。

 

137億年の叡智が分散して各々の体に入っている。

 

正しさは、人それぞれが持っていて、間違いはない。

判断基準の多様性がないと、ふたつの個性がぶつかった時に、

どちらかの正義に合わせることになる。

 

否定するとかじゃなくて、相手の意見も自分の意見の一部として活かしていく。

 

これは、言いなりになるということではない。

そうしたら、強いものだけが幅をきかせることになる。

 

自分の意見も付け加えて新しい意見をつくる。

クリエイション

人間一人ひとりの知識経験を全部自分のものにしていく。

その人の意見と他の人の意見を合わせることによってクリエイションが生まれる。

 

二つの個性がぶつかったときに新しいシナジーが生まれる。

個を立て和の共同体をつくる

みんな積み重ねてきた人生が違うから、特技や得意技も自分と人は違う。

経験、知識の積み重ねから形成されてきた、自分独自の多様なもの。

似ていたとしてもイメージも発想も違う。

 

自分が何を好きかっていうのを、大自由の中から選ぶ。

積み重ねてきたものでもいいし、どういうものになりたいか決めてもいいし。

人生再創造で、相手を知り自分の価値観やどういう考えを持っているのか

など知ることで得た材料を使って、

改めて自分というものを振り返って、自分は何を持っていくのか確認する。

 

自分がどういう個を立てられるか。

自分はどういうもので人の違いと出会うのか。

自分の特技を自分で理解する。

自分の価値を立てる、気付く、構築する、整理する。

 

個を立て人と繋がっていく。

出来ないことがあることは価値。

出来ることで役立っていく主人公ライフを楽しむ。

 

自分の特技を持って人に出会いに行く。

職をつくり、こういう状態で存在しているということを発信し、

必要なパーティーと出会っていく。

 

みんな違わないと人と繋がれない。