読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J humind association

人生をロールプレイングする/『生き直す』という新しい選択肢

個が立つ和の共同体

個が立つ和の共同体とは

集団、共同体、社会をつくる

 

一人で頑張ることに限界があることを知り、

自分が出来ることと出来ないことを認識し、

出来ないことを認めたうえで人にお願いする。

 

そうすることで仕事が生まれ、ひとりひとりの個が立ち、

個の集合で自分の問題を突破して行くことを選べる。

 

人との繋がりを持ちながら、好きなことだけやって生きていける。

そんな、多様性を認める関わりの中で活躍できる環境・社会のこと。

 

今、考えていること

今考えているのは国・地域・企業の連帯をどうつくるかということ。

 

人は1人では生きられない。

群れをつくるのはあたりまえ。

 

群れ=それぞれが個と考えた時に、お互いを受け入れないと共存できない。

 

各群れに「これがよい」「こうでなきゃだめ」というのはあっても良いが、

それが強すぎると境界線が生まれ、外ができて敵になってしまう。

 

差別も壁もなく、人はもっと繋がっていける。

 

人の望む幸せはみんな一緒のはず。

平和、豊かさ、安定、仲間がいること。

 

私が、「みんな」と表現する時、それは全人類のこと。

 

みんながみんなの向かいたい未来に、

みんなの力で向かって行く社会をつくる。