J humind association

人生をロールプレイングする/『生き直す』という新しい選択肢

『個が立つ和の共同体社会』という
新しい自分の在り方の創建と
優しい人との繋がり方

Proposal to live as RPG

自分探しの旅の仕方【生まれてから今までを振り返る】

今日僕は初めて、この世に生まれて、泣いた


今日僕は初めて、喜ばれた


今日僕は初めて、褒めてもらった


今日僕は初めて、怒られた


今日僕は初めて、怖さを知った


今日僕は初めて、好き嫌いを知った


今日僕は初めて、嘘を知った


今日僕は初めて、楽しさを知った


今日僕は初めて、悲しみを知った


今日僕は初めて、努力を知った


今日僕は初めて、達成感を知った


今日僕は初めて、喜びを知った


今日僕は初めて、危険を知った


今日僕は初めて、死を知った


今日僕は初めて、常識を知った


今日僕は初めて、喧嘩を知った


今日僕は初めて、理不尽さを知った


今日僕は初めて、我慢を知った


今日僕は初めて、どうやったら怪我をするのかを知った


今日僕は初めて、逃げることを覚えた


今日僕は初めて、どうしたら怒られないのかを知った


今日僕は初めて、もどかしさを知った


今日僕は初めて、人に合わせることを覚えた


今日僕は初めて、誤魔化すことを覚えた


今日僕は初めて、人を傷付けた


今日僕は初めて、出来ることと出来ないことがあることを知った


今日僕は初めて、自分に得意不得意があることを知った


今日僕は初めて、人は裏切ることを知った


今日僕は初めて、孤独を知った


今日僕は初めて、愛を知った


今日僕は初めて、絶望を知った


今日僕は初めて、もうダメだと思った


今日僕は初めて、今の自分の限界を知った


今日僕は初めて、死にたいと思った


今日僕は初めて、死ぬのが怖いと思った


今日僕は初めて、今の自分から変わらなきゃと思った


今日僕は初めて、今までの自分を振り返ってみようと思った


今日僕は初めて、生まれて今まで自分がどんなことを積み重ねてきたかを思い返してみた


今日僕は初めて、上手に嫌なことを感じないように自分に嘘を付きながら無理をしていたことに気が付いた


今日僕は初めて、自分は辛いことを必死で乗り越えて頑張ってきたんだと、自分を褒めてあげた


今日僕は初めて、どうやったらこの辛さから抜け出せるのかを考えてみた


今日僕は初めて、いろいろなことを自分以外のせいにしていたことに気が付いた


今日僕は初めて、今までの出来事で自分の何がダメだったのかを顧みた


今日僕は初めて、自分の価値観は全人類分の1という狭いものだということを知った


今日僕は初めて、自分の考えが正しかったという自信が根底から崩れた


今日僕は初めて、人の話を否定せずに意見を取り入れる為にちゃんと聞いてみようと試みた


今日僕は初めて、自分の他人への人間像の決め付けが偏っていたことを思い知った


今日僕は初めて、人はみんな違っているのは当たり前で、だから素晴らしいということを理解した


今日僕は初めて、自分以外の全ての存在は先生なんだと思った


今日僕は初めて、自分と自分以外との境界線が解けていくのを感じた


今日僕は初めて、心の底から、ひとりじゃないと思えた

【個が立つ和の共同体社会】実現に必要な要素

前回の投稿

からの続きです。

 

 

 

 

自分とは何なのか、ここから考え直していこう。

自分の定義はいろいろな見方からできると思うけど、ここではこの2つで定義してみようと思う。

自分の認識できている『意識的な自分』と、自分で認識し難い『無意識的な自分』

 


意識的な部分に関しては制御可能なので、今回は無意識にフォーカスしていきます

 

一生、自分の無意識に気付けなくても生きてはいける。

でもそれじゃずっと、己で認識できている意識的な部分だけが自分だと言っているようなもので、【自分】とは自分の半分しか指していないと言える。

非常に勿体無い!!

どうせなら全部使いたいでしょ!?

 

人はちょっとしたことで、相手はこういう人なんだと強く決め付けてしまう傾向がある。

それは意識的に表現して伝えてることよりも、何気に出てしまっている自分すら気付かず、何故そうしてしまっているか説明することも難しい無意識的な非言語表現に目が行きやすいものである。

自分が意図して出している自分よりも、自分が知らずに出てしまっている無意識の自分によって、人が自分を決め付けるなど、こんな理不尽なことはないと思いませんか!!?

 

誰かに何か不快なことを言われても、何も言える状況じゃなく笑うしかなくても、表情や声の音などには不快であるということは出てしまうものです。

無意識的に出てる自分が、周りに合わせず、何にも縛られない、本心の自分なのです。

自分が何に反応し、どういった時にどんな表現をする傾向があるのかをまず知っていく必要があります。

 

自分がなぜ今それを思い、そういった表現で伝えているのかは、培ってきた人間性・人生観に依存するものです。それはほんの少しの言葉で理解できるものでは勿論ないし、相手の知識経験で測れるものではない。

無意識の言動で人にどんな自分を見せていたのかを知らなかったのは、無意識の自分を知る術を知らなかったからだ。


すべきことは、自分の無意識を深く理解するために、自分が今までにどんな心を養ってきたかを顧みて、自らの積み重ねてきた人間性を根底から知ることが不可欠である。

 

 

自分の心の形成の始まりは、親との関係性のスタート。つまりこの世に生まれたその瞬間から始まった。

自分の心を振り返ることは、子供の頃には到底思いつくものではなく、大人になってからしかやってみることを選ぶことはほとんどない。

ましてや人生の中で振り返りをやってみようという発想に出会える人も多くはないと思います。

 

結構大変な作業です。時間的なものよりも精神的な負担がかかることもあります。


自分の内臓が自分で見えないからレントゲンや医師に頼るように、自分ひとりで今まで見たこともない無意識に気付くことは難しいので、心の内に導いてくれる人や自分で見て理解できるような用紙的なものの力を借りないと整理できるものではありません


思い出したくもないことに触れることもあるし、人に言いたくないようなことだってあるでしょう。


でもそこから逃げていては【自分】という体を操作するパイロット(心)は、いつまで経っても認識している制御可能な意識の自分と、陰でわからないように操作している同じ操縦システムを握った認識してこなかった制御不能な無意識の自分との操縦権の奪い合いをしているようなものです。

いわば無意識はダミープラグのようなものです。

ダミープラグに体の操縦権を独占される時、それは感情の制御が出来なくなったときです。

何も考えずに感情任せに生きていては動物と同じだ。人間であるのなら、それに加えてその時の自分の心に向き合うことをすべきだと思います。

 

面倒だし、見たくない自分との再会や、思い出したくもない汚点などに出会うこともあるでしょう。

でも、その経験をしてきたからこその今の自分の心の在り方なのです。


これは、やりたい人であれば誰にでも出来ます。

ですが人は出来るだけでは動きません。

動くためにはわざわざ理由付けが必要だからです。


私が理由をつけるなら、


自分の人生を自分で創っていく為に、己の心を知り、限界を知り、自分の無意識の成り立ちを理解し、今まで無視し続けてきた自分の中にある心の半分をしっかりと認識してあげて、自分の全部で人生を楽しんでいきたいから


とします。

 


だって・・・気付いてもらえないって淋しいことじゃないですか。。。?

もう一人のわかってあげられてない自分ですよ・・・?

他の誰がわかってあげられますか。。。

 

 

できるかできないかではない。

やるかやらないかだ。

やる以外の選択肢以外に、前進はない!!

 


今までの自分は半分だったことを認めることは、いろんな想いが邪魔をすることでしょう。


自分は精一杯生きてきたんだ!

自分の全部を100%使って必死に!!


だから自分にこれ以上別に自分のことで知らないことなんてない!!!

自分のことは自分が一番よくわかってる!!!!

 

 


言いたいことは痛いほどわかります。

私も勿論同じ発想でしたから。(そもそも発想にないことはこうして書けませんもんね)

 


でも、何かを変えることのできる人間は、大事なものを捨てることができる人だと思う。

何も捨てることのできない人には、何も変えることはできないと思います。


今までの自分(大事なもの)に執着するのもいい。

一生自分とその周りの環境という狭い価値観の中で生きていくのもいい。

だがその狭い環境にしがみ付くのなら、どんな危機に見舞われようともその環境以外のものの助けは何も来ない。

自分の外を取り入れられない度量しかなく受け入れられない者が、その恩恵を受けられないのは当然のことである。

変化せずして自分とその周りだけ大事にしようといくら考えても、自分が認識しているものとそれ以外が繋がっているということからは目を背けることはできない


新しい自分の見えていない可能性がもし眠っているのであれば、知りたいと思いませんか??

 

 

 

でも勿論しなくてもいい。


でもそれを決断したのなら後悔はしないこと。

 

後悔の記憶は次の決断を鈍らせる。

 

考えることが怖くて、面倒で、放棄してしまい、決断を他人に委ねようとするだろう。

 

そうなってしまっては、自分の意志で人生を選ぶことなく、他人から与えられた選択肢という狭い世界で、人に利用されて死んでいくだけだと私は思っています。

 

 

いろんな問題に直面した時、そして事が終わった後で「こうしておけば良かった」だなんて何とでも言える。

 

その時は結果が想定できなくても選択をしなければならない。終わってみなければ誰も結果は分からない。

 

結果の想像の範囲は人によって違う。

 

そうなってしまって想像という概念は無いとも言える。

 

知識経験によってどんな結果になるのかを知っている人間と、知らない人間がいるだけのことだと思います。

 

 

 

 

私は、


私達は、生まれた時から自由だ。それを拒むものがどれだけ居ても関係ない。

どれだけ世界が恐ろしくても、どんなに人が信じられなくても、自分以外のものが自分の人生に責任は取ってくれない。

自らの足で進まなければ何も変わらない。

 

 と思っています。

 

心の在り方の変化に練度があるとするならば、今の自分が無意識の理解や認識の外に出ることを考えたこともない人に基準を合わせるのは、もはや物事の捉え方が全く違ってしまっているので、今の私には無理がある。

 

その見方はもう何年もやってきたから勿論理解してるし、やろうと思えばできる。

 

でもそこを突破しからこそ、今まで生きてきた自分の心が如何に狭い領域だったのかがわかった。

 

例えて言うなら、山の麓にある村の中で生活していた自分が、山頂に上がって村を見下ろした時に、こんな狭いところで苦しんで生きていたのかと感じる小ささと同じようなこと。

 

自分の成長を促すためには、自分の今までの発想のベクトルを突飛なまでに飛躍させる必要がある。

 

でも、それは自分自身ではできない。

 

自分の発想以上のものは、自分からは生み出せないから。

 

 

 


だから私は、それを知ったからこそ、それを発信していこうと思いました。

 

だって、以前の自分より相当心の在り方に自由度が出来たから。

 

 

 

 

私は決して良い人ではありません。

 

良い人とは、自分にとって都合の【良い人】のこと。

 

皆さんにとって都合のいい人かどうかなんて私にはわかりませんから(´Д`;)

 

 

私は発信したいからしているだけです。

 

やりたいことしかやりたくないので(笑)

 

精神的に楽になることを身を以て知ったし、今までの心の在り方の厚い城壁が破壊された人同士の本気の人間関係性の循環が構築できると確信したから。

 

新しい社会構想の在り方に必要な要素として。

 

 

 

 

 

社会構想なんてものを発信するには、並大抵の決断ではありませんでした。

 

発言に責任も乗っかってくるし、否定されることも厭わない覚悟が必要です。

 

私の言っていることは、人によっては受け入れ難いものかもしれないです。

 

自分の得しか、楽しか考えていない人には、私の構想は邪魔であり、危険因子であると認識されるかねません。

 

周りにも心配されますが、この思想が現実化してきた時、殺される脅威に見舞われる可能性もあるでしょう。

 

ですが私は、皆さんのこれからの人生をより有意義なものにしたいという自己満足ではあるかもしれませんが、自分の命を懸けてこの思想を発信していこうと思ってます。

 

 

 

自分も含めて、全人類が生きやすい社会を創りたいから。

 

人で悩む人生を終わらせ、人と楽しむ人生に完全移行したいから。

 

 


誰かがやらなきゃ何も変わらない。

 

 


生きてるうちに最善を尽くそう。

 

 


そう思うから。

【個が立つ和の共同体社会体感の場創り】香川県のとある島に視察に行きました

この話を貰ったのは5月19日。

秘書の新潟出張に同乗する友人との会話から始まった。


香川県にとある島があり、その島に親族の家があるんだが過疎で何か出来ることはないかという話。
(それ以外にも沢山の物語がありましたが割愛します)

 


その話を聞いた時に、ハッと気が付いた。

私は今まで【個が立つ和の共同体社会】の構想や必要性は沢山語ってきましたが、それを実際に体感・体験できる場所がなかったということ。

フワフワした受け取りにくい話や考え方だけでは理解し難いものがあるし、どうやって現実的に実現可能となるのかという『目に見えた形』を作れてなかったなぁと。

 

 


そこで、ここにそれを作れないかという構想が思い浮かんだ。
以下はその概要です。

 

【志々島國創り計画】鬼頭案

私が提唱する新しい社会の在り方『個が立つ和の共同体社会』の実現を前提とした案となります。
それに必要な要素として、人が間を作らず壁を作ってしまっている現状を打破するために、教育課程では教えてこなかった『人間関係』を、勉学ではなく体験しながら自分の在り方を更新していける滞在型の村(テーマパーク)を作ろうと思っています。

人によって態度を変えたり、自分がいろいろな条件状況を理由に出来ないや無理を勝手に決め付けて、自分の可能性をフル活用出来ず、自分の人生なのに誰かのルールの上で生きていっているのが現代社会だと思っています。

誰とでもちゃんと自分自身の全てを表現し、正面からコミュニケーションをとっていく自分の在り方になっていくことで、自分の意見をハッキリと伝え、真意の循環ができる関係性を築いていける人になり、昔の村ぐるみで子育てをしていたような、人と人とが血の通った温かみのある地域社会をもう一度作り上げていけるようにしていくのが目的です。

インターンや自分探しの旅をするぐらいなら、ここに来てそこに住む人と何日か寝食を共にすることで、こんな関係性が理想的だなぁと思ってもらえるような村を創りたいと考えています。

ザックリとですが今のところの私の構想は以上のようなものを考えています。

 


この構想を、今回島民の代表2名にお伝えした。

返答は、『是非やってください。何でもお手伝いします。』とのことだった。

 

 

 

 

ここで今回視察に行った【志々島】について少しお話します。

1974年の航空写真(Wikipediaより)

f:id:jhumindassociation:20170614213151j:plain

 

 

 


次にこれが現在の航空写真(google mapより)

f:id:jhumindassociation:20170614213240j:plain

 

 


見てお分かりのように、家も畑も木に覆われてしまっているのが、写真と同様、視察に行った現状でもありました。

 

昔は島民が1000人居たこの島も、今は16人

 

過疎により平均年齢も超高齢化し、家や畑も管理する人が居なくなってしまったそうで、上記の写真がそれを物語っています。

 

 

島民の方との話し合いの結果、

 

●まず何をするにも必要なのは、草刈りや選定した木の伐採などの『開拓』からだということ。

●島民の方が昔創りたかった島としての構想と、私が創りたい島の活用方法とが見事に一致していたことから、今後は一体となって進めていくということ。

●平均年齢60歳オーバーだが、やれることは手伝うし、過去からの経験や知識は存分に使ってくれていいという、心の同盟が組めたこと。

●『花の島』と呼ばれた昔の島の在り方を復活させること。


などなど、沢山のミッションのフラグが立ちました。

 

 

さすが、【志】を冠する島。

大和魂・和心はまだまだ熱く、絶えることなく生き続けていたことが確信できた。


この場所から、日本に元気になっていってもらおう。

そして一つのモデルの完成と共に、こういった活動や場所が増えていくことを心から願います。

 


『そんなの無理だ』と決め付けて、やろうともせずに愚痴るのは簡単だ。

誰かが始めなきゃ何も変わらない。

私がやり始めます!!!

やり始めた人がいるからこそ、その支援・援助をしようとしてくれる人も出てきてくれると思ってます。

やりたくてもやれない状況、叶えたくても周りがそれを許してくれない現状もあるでしょう。

是非タイミング的に直接関われることがあるかもという方や、直接は無理でも何かしら支援したいという方何かやりたいという熱い思いがあるけど何をしたらいいか悩んでる方がいらっしゃいましたら、私のFacebookにまでご連絡いただければ有難いです。

 


直接でも間接でも、関わってくだされば仲間です。

皆さんと創っていく日本の幸せ土台創り。

世界に発信する【和心文化】の拠点の第一歩を、是非共に創っていきませんか?