J humind association

人生をロールプレイングする/『生き直す』という新しい選択肢

『個が立つ和の共同体社会』という
新しい自分の在り方の創建と
優しい人との繋がり方

Proposal to live as RPG

【心の循環=経済循環】の完成 ~polcaチャレンジを終えて~

私は今回、物凄く現実離れしたことをチャレンジしてみた。

 

それは『自分以外の人の気持ちで、家族を養う生活費を捻出してみよう』という試みだ。

 

現代人の当たり前であり、人生の大半を費やしている《自分の分は自分で稼ぐ》という、世の中の常識的発 想とは真逆の概念でお金を集めるということをやってみました。

 

フレンドファンディング「polca」をはじめとして、VALE・TwitterFacebookなどで、自分の在りのままの 現状と自分が持っている未来構想を価値として、文字通り丸裸状態で人目に晒すことをしました。

 

当然のことながら、この行動には賛否両論ありました。

・「お金ないなら働いた方が良い」という時勢に沿ったご意見

・「支援したいと思った人が支援したらいい」という【義援金】的発想のご意見

・「私が人生賭けてまでそんなことせずとも勝手に未来はそうなっていく」という流れを待つスタンスのご意見

・「面白い」という発想から、まるで路上ライブしているアーティストに【投げ銭】するような感覚のご意見

・「家族の為になれば・・・」といった、自分事のように考えてくれるようなご意見

・「価値あること活動されていますね」といった応援メッセージご意見など

本当に沢山の想いや考え方に出会いました。

 

 

私は勿論、37年間【資本主義】という枠組の中で生きてきたので、自ら働いてお金を稼ぐことは当たり前 のようにやってきました。

 

会社から委託されて独立店舗の経営も経験しましたし、完全歩合・時給・固定給・日払いなどといったあら ゆる賃金形態での仕事をしてきました。

 

そうしてふと思ったある想いが「やってもやっても終わらない。いつ幸せって来るんだ。いつ自分は満たさ れるんだ。」という疑問でした。

 

 

私はその答えを探すべく、今自分が置かれている現状を徹底的に分析してみました。

その結果行き着いたことの一部を電子書籍として書いたものがこちら

↓ 写真クリックでリンクにアクセスできます。詳細もそちらに記載。

f:id:jhumindassociation:20171017081537j:plain



 

今回のチャレンジでは、自分の想像を驚くほどに上回る結果に至りました。

 

チャレンジ終了(2017/10/10)での到達金額は、なんと総額20万を越えていました。

 

 

この過程では、沢山の感情が動きました。

友人からの叱責・非難・アドバイス・応援・心配などは勿論のこと、なんと私の事を初めて知った方からの同様の反応を本当に多く頂けたことが、多くの場所に公表していた私であったにも拘らず、全く予想外の事でした。

 

私はこのチャレンジをしたことによって、得られたものが4つありました。

 

一.直接的な呼びかけであった支援金という形。頂いた支援金は全額家計の口座に振り込みました。本当に有難うございました。

 

二.常識という枠組みから発想的に抜け出ている人が非常に多く居るということを知れたことでした 。

 

三.発信すればそれだけ共感も反感もあることは当然のことながら、自分が知らない人の目にもちゃんと届けることができ、その人の心にまで何かしらの訴求することができるんだという確証が持てたこと。

 

最後に四.私が未来的に理想として掲げている【個が立つ和の共同体社会】構想の1つの柱として掲げている『心の循環=経済循環』が成ったという事実でした。

 

 

私も今回の結果を受けるまでは、《自分の分は自分で稼ぐ》という世の中に蔓延している常識的発想に再び染まりそうになる時は物凄くありました。

 

誰かの命令に従って居れば、自分の1ヶ月の命の使い方や時間の投資を価値をお金に換えてくれる生き方は選ぶことは簡単です。

 

でも、自分が掲げる【個が立つ和の共同体社会】での生活体験を、自らがしなければ人に伝えることができないという想いから、私は今現在も定職に就くことなく、まだまだ変革することのできない資本主義経済という波の中で生きていています。

 

 

 

今回本当に、多くの思わぬ出来事がありました。

 

polcaで初めて支援を頂いたのは、志々島開拓帰宅途中の高速バスの中でした。周りに憚ることなく感謝で涙が止まりませんでした。

 

支援金が一つ一つ積み重ねっていく毎に、私は人に生かしてもらっているんだと実感をすることができました。

 

友人が支援を送るというメッセージを貰った時は、人との繋がりってこんなに温かいものだったんだという優しい気持ちが自分にも流れ込んできて、胸が熱くなり、また涙しました。

 

一番驚いたのが、今まで全く関わりのなかった人が私の為に金策してくれ、最大限のことを気持ちと一緒に送ってくれたこと。

今まで生きてきて、1ヶ月分の振り込まれた給料を当たり前のように貰っていた時とは訳が違う。

初対面にも拘らずこれほどまでに自分を応援してくれる人がいるということ、本気でなんとかしてくれようとしてくれたこと・・・

本当に、生きてて良かった。。。

今まで自分を信じて活動してきて本当に良かった。。。

と、大人になってから初めて嗚咽を伴うほどの号泣と共に、体全体が溢れんばかりの感謝という言葉で満たされました。

 

 

私が願って止まない人と人とが心から繋がりを持てる人間関係の新しい社会構想【個が立つ和の共同体】という世の中が成ったその時、そこに生きる人達が実感できる『人との繋がりの温かさ』というものを、自分 自身が体感させてもらえた。

これは物凄い経験をさせていただいたと思っています。

 

 

私は、この社会で一人も孤独な想いをさせたくはありません。

 

誰もが自分の人生という物語の主人公なはずなのに、なぜ思い通りに《命という時間の経過》を使えないのか、それを本当にもどかしく感じています。

 

 

それを究極的に追及して辿り着いた形、それが【個が立つ和の共同体社会】という新しい未来構想です。

 

簡易的ではありますが、以下にそれを書いたブログのリンクを貼っておきますので、興味のある方は是非ご覧になってみてください。

 

読む前に一つだけ心に留めておいてほしいことは、「これは皆さんの自由を侵害するものではない」ということです。

 

今の世の中は言いたいことも言えない世の中であり、鬱や自殺も多くなってきている自分を押し殺して我慢して生きなければならないストレス社会です。

 

【個が立つ和の共同体社会】構想は、誰もが自分らしく、自由に生き方を選択し、それを人とも共有して生きていけるものとして創っています。

 

今の世の中でご自分の人生に不自由を感じられている方々全てに、一度は目にして欲しい内容となっています。

 

この構想内容が、一人でも多くの人の希望となっていただければ幸いであり、これを目指す私にとって本当に大きな力となります。

 

是非、ご一読ください!

 

 

 

 

《皆様にご支援のお願い》

私は自分の活動に命の全てを使って生きています。

自分の為にお金を稼ぐという経済活動をしている暇があったら、 私は【個が立つ和の共同体社会】実現の為の動きをしていきたい。

そう思っています。

ですが私にも家族が居ます。

今の私に「やりたいことはやったらいい」と全面的に応援してくれている妻。

お父さんが何をしているのかイマイチわからない状態でも「お仕事頑張ってね」と送り出してくれる子供が居ます。

私の今のこの活動は、現代社会に生きる全ての人々が望んでいることに繋がる活動だと私は思っています。

そして、これからの時代を生きていく子供達に遺せる大きなプレゼントだとも考えています。

私は、今の活動をやめたくはありません。

私が私らしく生きたいから。 そんな社会を作る為に、私は日々執筆活動や発信、人との交流や自分の構想の細分化に時間を費やしています。

皆さんのお力が私の、そして私たち家族や私と共に活動してくれる人の生活の支えとなります。

想いに少しでも共感してくださった方。

どんな小額でも構いませんので是非ご支援ください!!

私が、皆さんの未来の希望を育てます!!!

 

《支援先》

三菱東京UFJ銀行

蟹江支店

普通

4629703

キトウ テツヤ

評価経済の成り立ちと現実に【拘束されている】という見えにくいトラップ

親・近所に始まり、

保育(幼稚)園・学校教育(先生や国)の評価基準、

社会(世間)や会社(上司部下など)、

或いは1ヶ月毎にリセットされる支払い(お金)…


私達は生まれた時から段階的あらゆる形の人からの評価を通過して今を迎えている


だから、『人に評価されて当たり前』という常識を無意識のうちに作り上げてしまっている


そして・・・それは自分で自分を評価することを忘れさせるに、言い換えればその発想すら持つことすらないままに人生を生きさせるに、充分な大前提を作り上げている


人からの認められなければ価値はない


人からの賞賛がなければやる意味などない


そうして相手や世間に合わせることで、自分という出し方の限界の層を厚く塗り固めていく


自分の心が傷付かぬように


そして、自分の正義に反するものは受け入れる柔軟さを持たせない人間の在り方を、文字通り巧妙にシステム化させたのが、現代であると私は思っている


自分あり気ではなく、人あり気


自分の為でなく、自分以外の為にすることこそ生き甲斐


自分の為に生きる人生は最早選ぶ余地はもうない


人に喜んでもらえなければ自分に価値を感じれない心になってしまっている


私もそうだった・・・


それが悪いとは言わない


けど…人の価値観の土台に自分を置いていては、私の人生は私のものと言えるのだろうかという疑問が頭から離れない


だから私は敢えて、自分が思ったように世界を捉えてみようというチャレンジをしている


それを今年から始めて9ヶ月が過ぎた


経過としては、沢山の人の心に私という存在を知ってもらう機会を頂き、自分自身で収益を生んでお金を生み出す作業を一切しなくても、いろんな形で支援をいただき、今生き永らえています


『お金のお礼はお金で』という概念を、私の周りだけでは価値観として取り入れるまではいかずとも可能であるという認識は、実体験中の私達を見て感じてくれている人も多く居るということが、最近のSNSのコメントやフォロワーの反応、実際に会った人の話などを聞いて感じられるようになってきた


でも、まだまだ世間の常識の壁を突破するまでには至らない影響力としての存在しかできていないのが現状・・・


本もやっと出来上がり、私の体験や視点など多様な方向から自分を見た時にわかった、今迄の【評価されなければいけない自分】という足枷をはめた人生だったという気付き


私は、私の気付いたことを皆さんに知ってほしい


経験せずとも知れることはあるから


そして、経験を重ねることで日々進化し、伝えられる私と榊の活動


まだまだ是非見ていてほしい


私達は、今を生きる全ての人の経験を土台に、更なる気付きと新たな視点を見出し、それをしっかり皆さんにお返ししていきたいと思っています


それは他の誰の為でもない


自分が生きやすい世の中を創るため


自己表現や創造をもっと自由にしていける、個性を持った個人が自分を立てて生きていける未来を創りたい


自分が今迄の自分の作られ方に気付いてしまったからこそ、そこに執着しようと変化を求めず安穏と生きる道を選びたがる心をも受け入れながらも、資本主義という大きな思想を越えて、人と人が心で通い合う社会に更新していこうと思っています


その場決められた期間での交換を重視する評価経済という損得の概念を越えて、周り回って自分にいつか返ってくるという循環の社会になっていくことで、全ての自分の言動が自分の為になり、そしてそれが周りの為にもなっていくという、人の意見の受け入れ上手からの分け上手になれると思うのです


今の世の中は自分と自分以外との分け上手は思いっきりできるけど、受け入れ上手は発想すらでない


ここが人と人とが繋がっていく鍵になっていくと思う


世の中は相対性できている「と思い込んでた」。


黒の反対は白


善の反対は悪


晴の反対は雨


といった二相対関係性で枠組みに縛ると対立が生まれる


でも、


黒の反対は黒以外


白の反対は白以外


という多相対関係性で考えたら、自分と他者はそれほど強烈に分けることなく、似てる部分もあると見つけて全てが仲間になれる道も見えてくると思いませんか??


今の当たり前に、新しい価値観を投下し続けていくことで、沢山の人にいろいろな人生の選択肢を自ら創っていける個人になる方法もあるよっていうのを見せ続けていきたい。


誰よりも自由に


でも


ひとりじゃない


そんな社会になったら、


ワクワクしませんか??



【チャレンジ中】

現在polcaにて資本主義経済を突破する為のチャレンジをしています!

10/10までに20万集めて家族の生活を支えたい!

評価経済の外の価値観から循環の輪は生まれるのか!?

ご支援お待ちしております!!

皆さんの行動が世間にに新たな風を送ります(๑•̀ㅂ•́)و✧


https://polca.jp/projects/rGKwC1MxpA8

J humind associationが創りたい世界

鬼頭哲也はどうやって社会を変えていこうと企んでいるのか!?

貧困・戦争・殺人・高齢化・鬱。。。
色々な社会問題が溢れている現代。


その問題一つ一つに対して対処療法的な解決方を模索している政府・地方・団体は沢山あります。
私は違う側面からの解決方法を考えています。

 

この世界を作っているのは一体何なのか。
それは言うまでもなく『人』です。
人が創りだした世界は、人によってでしか改善しないと私は思っています。

 

だから考えました。

 

人類は、空を飛べないから飛行機を造り、走るより早く移動したいから自転車や自動車・電車や新幹線などを開発してきました。言わば『「人」が扱う道具』ばかりを進化発展させてきたのが歴史であり、時代でした。
扱う道具の進化によって人類はとても生活が便利になり、豊かには確かになりました。

 

では、幸せにはなったでしょうか。

 

人はコミュニケーションツールを使いこなし、直接語ることが昔に比べて少なくなり、相手の事をきちんと理解することが困難になっていきました。それに加えて本音よりも建前で人と接する文化が根付いてしまい、人との繋がりによる温かさを感じにくくなりました。

 

面倒なことは簡素化し、手間=無駄=悪と言わんばかりの社会の在り方になり、コミュニケーション能力がどんどん軽薄になってきました。
私はこれは明らかなる退化だと思っています。

 

今すぐ本当に取り組まなければならない大きな課題は、どんどん先に進む道具やテクノロジーといった『人間の補助道具』ではなく、それに逆行してきた道具を扱う『人間』自体の心の在り方そのものを見つめ直すことが急務なのではないかと考えています。

 

現代人が作った社会の問題を、現段階での発想思想で解決策を模索しても最早改善の糸口は見えません。

 

世間の常識や当たり前によって固定されてしまった価値観から脱却した『赤子時代の超自由発想の人類に帰属する』ことをしていくことが重要だと考えています。

 

赤子は自分の命を顧みることすらなく自由に動き回ります。それは善悪や真偽の価値観がないからです。肉体を持っている以上、人間に行動の限界はありますが、赤子から積み重ねてきた多様な価値観によって、人類はいろんな決め付けや思い込みによって自らを制限に縛りつけてきました。

 

『発想』に限界を作る必要はないはずです。考えることはもっと自由であっていい。その『自由な発想』と『現代のテクノロジー』が合わさった時、人の世はもっと血の通った人間関係を構築でき、人が助け合い、しかも今以上のイノベーションを生むことが可能となる、そんな社会を作っていけると思うのです。

 

では『人間』自体の心の在り方がどのようになったらそんな世を作っていけるのか。要素は4つです。

4つの要素 

f:id:jhumindassociation:20171001150911p:plain

一つ目、人間は地球の一部から幾重の進化を経て生まれた生命体の一つです。元を辿れば1つから生まれた存在と言えます。これが日本人特有の古くから根付いている思想。
人は必要以上に境界線を作る必要はない。もっと優しく繋がっていいんだ。それが人間に一番必要な要素【和心】です。

 

二つ目、人は自分自身で背中や体内を見ることが出来ないように、自分の心の内を知り得ることが非常に困難です。意識して使える自分と、自分では気が付かない無意識的な思考パターンなど、自分自身のことなのに自己認知していないことがあるということ。

自分を理解せずして、人に自分の本心を真に伝えることは不可能です。まずは己を知り、
感情さえをもそれを正確に伝えること。そして、他者の意見を言葉だけで判断したり、自分の主観的価値観だけで認知するのではなく、相手の発言の意図やそこに込められた想いまでをもしっかり受け取っていくことができるコミュニケーションの深層循環をしていく。そうすることでお互いの理解が深まり、自分との違いを明確に認識し、その違いをお互い『自分の価値観の外』として知り得て取り入れていく、本を読むよりも見識の深まる成長し合える人間関係の構築を可能とします。

自分と相手の∞送受信が可能と なり、お互いが相手の人間性を一部の情報だけで決め付けたり思い込んだりすることなく深層相互理解することにより、対人関係の問題を解決していく。これを【安心の場】と定義しています。

 

三つ目、【安心の場】によって知り得た他者との違いや、自分を深く知ったことで、自分の好き嫌いや得意不得意も明確になり、自らの個性を大切にした本当に自分がしたいことがはっきりわかってくるはずです。それはどんどん勿論変化していくことでしょうが、まず今やりたいことをとことん理解すること。これが【個を立てる】というパートになります。

 

最後四つ目

【和心】で人との繋がりを密に感じる。

【安心の場】で繋がりが絶えることがないという安心の中で自分の無意識などを認知し、自他共に深層理解のコミュニケーション循環をすることによって知る自分という個性。

【個を立てる】で個性と得手不得手・好き嫌いをはっきりと理解し、自分の得意分野を知る。

この順序を辿り、人それぞれが和を重んじることによって、違った個性や得意分野を持つ個人がやりたいことだけをし、自分が苦手不得意なことが得意な人との繋がりを作ることにより、人との出会いの数だけ多様な発想とも出会い、多くのイノベーションが生まれます。新発想の商品やサービスが創出し、それを共有することで生活の助け合いをお互い様で循環していく。

これが帰結地点である【心の循環=経済循環】です。

 

この4つを柱として自己理解と人との和の繋がりを作っていくことで、多様な夢の実現や問題解決に取り組む地盤を作っていこうと考えています。

 

ではそれぞれの要素を自分自身のものとする為には、どのような環境が必要なのかを最後にお話します。

 

必要な環境 

和心

現代社会は『何でも自分の事は自分でやらなければならない』という、孤立を生む厳しくて冷たい常識で成り立っています。それを打破するために、『自分の事は他者がやり、他者は自分の事をやる』という体験の場を設けていきます。

 

安心の場

ここでのキーワードは『自由』です。現代人は「○○したら絶対こう思うだろう」という思い込みから、自分が傷付かないようにと自制しているのが日常です。でも、それは出してみなければ本当に相手がどんな反応をするかはわかりません。ですので、最低限の秩序を定義した状態で、自分の思った通りの言動を自由開放する場を作ります。それをすることによって、自分に返ってくる反応を体験し、逆に人が自由に言動することを受けて、自分がどんなことに反応するのかという無意識を知る機会を作ります。

 

個を立てる

背中が見えないのと同様に自分が認識している自分もほんの一部なのです。自分で自分を発見することはすでにしてきたはずです。ですので、他者の目を借ります。自分の思わぬ一面が、或いは自分では欠点だと思っていた個性などが、人からの見方によっては価値と見えたりするものです。自分探しをその場に居る全員の目を借りて見つけていきます。

 

心の循環=経済循環

世の中の仕事は、人の困り事を解消で成り立っています。持ち寄った得意能力の価値の交換に、等価交換の指標として金銭が発生している現代社会は、それによって沢山のや
りたいことの弊害要素ともなっています。そして値段の概念は、地域や経営者によって一つの品とっても設定は本当に様々です。これを考えるとお金そのものに価値はないと
思っています。助け合いによって様々なことを支え合って乗り越えていけるはずなのに、それにお金というものを乗せることで受けられない手助けがあるということに疑問を感じます。お金自体が悪ではありません。お金は枷であるべきではないと思うのです。お金がなくてもこの世には材料はあるし、一人ひと
りが得意な出来ることを精一杯し、それを循環することによって社会は成り立つと思うのです。このパートでは、お金に対する固定観念のブロックを外していくことが必要で
あると考えています。

 



この発想を個人が各々持つことで、自分の人生を自分で創っていける道(方向性・可能性)を、新たな価値観として知ってもらうことが、私の活動の根幹です。私の思った通りに皆さんをしたいわけじゃない。皆さんの人生が今よりもっと自由でより楽しく活気のあるものにしていく為の一つの提案をしていくこと。それが私の使命であると思っています。

実際の行動としては、SNSでの情報発信や執筆活動・志々島開拓で【個が立つ和の共同体】体感の場を作ることが今の主な実質的な動きです。




文字だけでは表現しきれず、伝えきれないことが沢山ありますが、以上が私の考えている【個が立つ和の共同体社会】構想案です。

 


<お知らせ>

ただいまpolcaチャレンジ中です。

活動に「いいね!」と思ってくださる方、ぜひご支援ください。

f:id:jhumindassociation:20171001150512p:plain

https://polca.jp/projects/rGKwC1MxpA8